奥多摩町

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

奥多摩町(おくたままち)は、東京都多摩地域北西部にあるである。西多摩郡に属し、多摩地域に3つある町のひとつ。青梅市への通勤率は16.4%(平成22年国勢調査)。

地理[編集]

多摩川を堰き止めた小河内ダムによって造られた人造湖・奥多摩湖(小河内貯水池)を擁し、その下流域に集落が広がる。町域の面積は225.63km²で、東京都に属する自治体では最大である。またこの町の大部分は山林であり、東京都で一番山が急峻。また、観光客のほとんどは登山が目的。

年間平均気温は約11~12℃。内陸に位置しており標高も高く、中央高地式気候である。同じ東京都内でも都心とは大きく気候が異なる。特に冬の寒さは厳しく、-5℃を下回る日も多い。冬の最低気温は東京都心とは10℃以上の開きがあることもあり、時には-10℃以下まで冷え込むこともある。冬はほぼ毎日冬日であり、仙台市酒田市などの東北地方沿岸部よりも冷え込みは厳しい。都内では降雪量・積雪量が最も多い自治体で、町の平野部でも50cm程度の積雪がある。場所によっては1m以上の積雪もあり、大雪によって孤立集落がでることもある。2014年2月の大雪では多くの孤立集落が発生し警察、自衛隊の協力で復旧した。また路面凍結が起こりやすく、真冬日も珍しくない。標高が高いため夏は都心と比べると涼しく、8月でも最高気温が30℃を下回る日が多い。

テンプレート:Lake Okutama weatherbox

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口[編集]

512px
奥多摩町と全国の年齢別人口分布図(比較) 奥多摩町の年齢・男女別人口分布図
紫色は奥多摩町
緑色は日本全国
青色は男性
赤色は女性
総務省統計局 / 国勢調査2005年

行政[編集]

  • 町長 : 河村文夫(かわむら・ふみお、3期目 任期満了日 : 2016年5月23日)
  • 町議会定数 : 12人(2011年12月1日)
  • 市町村職員数 : 129人(2008年4月1日)
  • 当初予算規模 : 59.40億円(一般会計)(2013年度)

若年者向けの定住住宅の建設による人口減の防止・高齢者への医療福祉対策が行政の課題となっている。

警察・消防[編集]

警察[編集]

警視庁

  • 青梅警察署
    • 奥多摩交番(氷川)
    • 栃久保駐在所(氷川)
    • 海沢駐在所(海沢)
    • 日原駐在所(日原)
    • 川野駐在所(留浦)
    • 境駐在所(境)
    • 川井駐在所(川井)
    • 古里駐在所(小丹波)
    • 鳩の巣駐在所(棚澤)
    • 原駐在所(原)
    • 小河内駐在所(原)

消防[編集]

東京消防庁

経済[編集]

産業[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

地域[編集]

人口は6,790人、世帯数は2,424世帯(2005年4月1日、推計)

健康[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

隣接市町村への連絡[編集]

町村に関しては郡名を省略する。市町村の役場最寄り駅までを記載する。

都内[編集]

山梨県[編集]

  • 丹波山村へ:
    • 国道411号を西方向に進む。
  • 小菅村
    • 国道411号を同じく西方向。途中、町内川野(深山橋)より国道139号を南進。
※丹波山、小菅両村には鉄道が存在しないため、いずれも奥多摩駅発の路線バス(後述)、自動車等の利用となる。

埼玉県[編集]

直接のアクセスは不可能。いずれも青梅市を経由する形となる。

  • 飯能市
  • 秩父市
    • JR青梅線から拝島駅でJR八高線に乗り換え。さらに東飯能駅で西武鉄道池袋線西武秩父線に乗り換えて終点西武秩父駅下車。
    • 自動車等では前述の旧・名栗村域へのルートと同じルートを経由し、国道299号利用。ただし、都道・県道53号線のルート上、山伏峠(飯能市(旧・名栗村域))に狭隘路のヘアピンカーブがあるため大型牽引車通行不能区間あり。または、小曾木街道~飯能市街~国道299号ルート。若干遠回りであるが、全車種通行可で運転難易度も軽い。

バス[編集]

西東京バスが、奥多摩駅から奥多摩湖丹波山村小菅村鍾乳洞・清東橋方面へ運行している。路線の詳細は西東京バス氷川車庫を参照。

タクシー[編集]

  • 駅前にタクシー乗り場がある。長らく京王自動車が大型車2台を配備していたが、採算性悪化のため町に支援要請をおこなうも決裂。2012年3月31日に町内の氷川営業所を廃止し同社は町内より撤退。その後、あきる野市の新興企業、リーガルキャブが昼間のみ駅前に1台を配車しているが、夜間は台数に余裕がないためタクシーがゼロになる。このため同社は関東陸運局に増車を申請したが需要が見込めないとして却下されたため、国に処分取り消しを求める訴訟を起こしている。[3]

道路[編集]

現在、国道411号のバイパスの役割を持たせた多摩川南岸道路構想が推進され、一部で供用されている。この道路が完成すると、狭くカーブも多い国道411号現道を通らず、吉野街道から奥多摩町市街地を経由せず奥多摩湖小菅村丹波山村方面に向かうことができるようになる。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

(2007年から 奥多摩ふれあいカヌーフェスティバル に名称変更)。

出身人物[編集]

ゆかりのある人物[編集]

その他[編集]

奥多摩駅のホーム反対側に、ホームのように細長い形の町役場があり、その奥に役場の駐車場がある。休業日は観光客に無料で開放されるが、台数が限られているため、写真のような長い行列ができる。

脚注[編集]

  1. 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1978年、ISBN 4040011309より
  2. 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より
  3. 奥多摩駅にはタクシーが一台しかない (読売新聞の元記事はリンク切れ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光