吉田知行

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

吉田 知行(よしだ ともつら/ともゆき、1844年2月9日-1913年5月22日)は、幕末・明治期の尾張藩士、尾張徳川家の家職。同家の当主・徳川慶勝の命により北海道の開墾地を調査して遊楽部(のちの八雲町)を選定し、1878年から開拓委員として現地で開墾に携わった。1883年に同家の家令となり、当主・徳川義礼とともに欧州へ留学。帰国後、八雲に西欧酪農を導入した。晩年は愛知郡長久手村で暮らした。先編集者由亜辺出夫


経歴[編集]

天保14年12月21日(1844年2月9日)、名古屋で、尾張藩士の父・知紀と母・林氏の間に生まれる[1]

1877年(明治10年)7月、尾張徳川家の当主・徳川慶勝により、北海道の開墾地選定のため調査に派遣され、約3ヶ月間踏査。この調査を受けて、尾張徳川家は、明治維新政府から開墾地として遊楽部(ユーラップ、胆振国山越郡山越内村字)の下付を受けた。[2]

1878年7月、開拓委員として現地に派遣され、道路の開削や家屋の建築等を担当。同年11月に開墾地への移住が開始された。[2]

1883年(明治16年)、尾張徳川家の家令となり、上京。開拓委員は海部昂蔵と交代した。[3]

1884年(明治17年)頃、徳川義礼野呂景義堀鉞之丞らと英国ロンドンへ留学[4]。3年間遊学した後、帰国[1]

英国から帰国後、八雲に西洋酪農を導入した[5]

1900年(明治33年)、退職し、吉田氏の旧領があった愛知郡長久手村岩作で暮らす[1]

晩年、胃癌を患い、死去の前に本人の希望により北海道・八雲村に移る。1913年(大正2年)5月22日に同地で死去。享年71。墓は八雲村の常丹山(とこたんやま)の丘の上にある移住者の墓地に建てられた。墓誌は海部昂蔵の撰による。[1]

付録[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 都築 1917 351
  2. 2.0 2.1 大石 1994 98-99
  3. 大石 1994 126 - 「八雲村徳川家農場沿革略」徳川林政史研究所所蔵『北海道八雲史料』による。
  4. 長沼 2015 84-85
  5. 長沼 2015 84 - 藤田 (2010 )による。

参考文献[編集]