AV女優

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Nuvola apps important.svg この項目には性的な表現や記述が含まれます。閲覧はご自身の責任で行ってください免責事項もお読みください。

アダルトビデオ女優(-じょゆう)、AV女優(エーヴイじょゆう)は、性行為を見せる目的でアダルトビデオ(AV)に出演する専門の女性俳優である。

概説[編集]

AV女優には、顔と名前で魅力をアピールする単体女優と、女優の魅力ではなく作品の内容(企画)で売るタイプの作品(企画もの)に出演する企画女優との2種類がある。

一般にAV女優という場合は単体女優を指す場合が多いが、2000年頃から企画女優の中にも単体女優並みの人気を持つ例が見られる様になった。これをキカタン女優などと呼ぶ。

  • 容姿に恵まれない者や実年齢が23歳以上なら単体として扱われにくく、企画物などで別の長所を求められる(企画女優扱い)。
  • ほとんどの女優はAV事務所(AVプロダクション)に所属しており、出演料を折半する事でマネージメントされる立場にある。
  • AVメーカー(制作会社)から出演依頼を受ける事で初めて仕事(撮影)となる。そのため、新人AV女優は仕事を得られる様に事務所のマネージャーと共にメーカー回りをしてからようやく仕事が(収入が)得られる。このメーカー回りの事を業界用語では『面接回り』と言うが、一般的に言えば「オーディション」である。
  • 体型(ヌード)は化粧で誤魔化す事ができないため、体型なども選考基準に含まれる。とはいえ、ファッションモデルと違い、ある程度のふくよかさは要求される様だ。全裸になる事が前提である以上服を着て絵になる細さでなく、脱いだ時のボリューム感が要求されている様で、ポッチャリは多いが、ガリガリを見る事はまずない。
  • 近年のAV女優は、過去と比較すると容姿の平均レベルが比較にならない程上昇している。バブル期まではタレントに匹敵する容姿なら内容もソフトで許され、性交場面も擬似の場合が多く、イメージビデオに演出を加えた程度の内容の作品でも充分なセールスを上げていた。しかし、最近では一般タレントに匹敵するルックスを持ったAV女優はざらになり、一般のアイドルを凌ぐ容姿のAV女優も数多くなってしまった。それに伴い、元は一線級のAV女優でも、以前より過激な内容の作品(様々な変態的プレイを取り上げた作品など)に出演する事を求められる様になってしまった。
  • AV黎明期には実際に性交は行っていない(擬似性交)が多かったが、最近ではほとんどのAVでコンドームを付けて性交を行う様になっている。
  • AV女優と紛らわしい言葉として「ポルノ女優」というものがあるが、日本でポルノ女優という場合は映画館で公開される成人映画に出演する者を指し、特に1970年代から1980年代にかけて隆盛を見せた「日活ロマンポルノ」の出演者を指す。
  • DVDの一般化による作品の長時間化(ビデオ時代は一般的に1本50~60分、たまに90分の作品あり→DVDでは1本90分~2時間、長いと3~4時間以上)、インターネットの普及(ファン同士の情報交換によって作品の評判がすぐ広まってしまうため、手を抜いた作品も制作しにくくなった。その上、AV女優のプライバシー保護も難しくなった。)も相まって、ほとんどのAV女優を取り巻く環境は年々過酷になっている。その分意識の高い女性ばかりが主流となっている。過去のアルバイト感覚では通用しない。

デビューから引退まで[編集]

  • AV女優は、街頭でスカウトされる場合とAV事務所が行うAV女優の募集に自ら応募する場合が半々と言われる。出演報酬が高いため、安易に応募する女性も少なくないが、単体女優の場合なら選考基準が非常に厳しい。(事務所サイトの記述を参考にすると)企画女優が95%を占めており、単体女優は5%ほどに留まるらしい。
  • 芸能界から芸能事務所のアイドルや若手芸能タレントとして失敗した女性が流れ着き、AV女優となる場合もある。この中の一部には芸能事務所が先の売り出しに失敗し、本人の意思とは無関係にAV事務所に売り飛ばされたという噂のある女優もいる。もっとも、この種の噂はAV黎明期から今まで幾度となく繰り返されて来たもので、現実的にこの種の噂が、真相がどうかはまた別である。視聴者が最も求める展開である事も付け加えざるを得ないだろう。
    • いずれにせよ、芸能界からAV業界への転向が以前より頻繁になった事は間違いない。この場合、件の女優の出演作品には「芸能人デビュー」などと銘打たれる。一方、AV業界から芸能界への転向は甚だ困難である(後述)。
    • 逆に、芸能デビューへの足掛りという目的で、名前を人口に膾炙させるためにAVデビューを試みる女性もいる。
    • 基本的に、「芸能界」が一種のハク付けになっている。目指している・経験している、などとデビューの際に絡めることが多い。前職があると、視聴者を喜ばせることができるという点では、ポピュラーなものである。
  • AV女優としての寿命は、超人気女優であれば10年近くになる大物もいるが、ほとんどがせいぜい2~3年、それ以上となると若手に押されて飽きられるか、「家族や友人にばれた」などの理由、所属事務所との契約終了により引退するケースがほとんどと見られる。しかし、中には30代以降デビューして人気を集める女優も例外的に存在する(いわゆる熟女系…川奈まり子友田真希望月加奈酒井ちなみ紫彩乃など)。
    • デビューから1年程度経つと、様々な変態的プレイを主眼に据えたものなど、デビュー当初よりも過激な内容の作品への出演依頼が増えて来る。この種の作品への出演の決意が決まらず、何度も出演を躊躇しているうちに出演依頼が来なくなり、事実上の引退となる者も少なくない。
  • 2~3年と長続きした人気女優の作品数は、主演作品で50本程度、共演や脇役出演を含めると100本近くになる成功例もあるが、ほとんどの場合は毎月1本、多くて月2本ペースで撮影される。
  • 引退後はグラビアモデルストリッパーソープランドなどの性風俗産業へと転じてゆく者もいるが、実際は普通の生活に戻ってしまう事がほとんどである。AVを含め、性風俗産業で長く勤める事は難しいのが現状である。
  • AV女優から芸能人へと転身し、芸能人として成功したのは飯島愛ぐらいしか例がない(その芸能人;飯島愛自身が、AV女優;飯島愛と途中で入れ替わったのは有名な話である)。高樹マリア及川奈央蒼井そら夏目ナナ長澤つぐみなどのタレント転身がアナウンスされているが、飯島愛に次ぐだけの存在と言える者はまだ現れていない。
  • 収入面だけで割り切っているタイプなら、AVで得た知名度を活かす手段として、AVで売れた後にソープランドなどに転職するケースも多い。この場合、成功すれば膨大な指名が殺到し、風俗の生え抜きトップすらも凌ぐケタ違いの収入を得る事もある。その事もあってAV出演が一つのステータスと考えられている。

人物像[編集]

AV女優になった人に理由を問うと、下記の5つに大別できた。

  1. お金が目当て(多重債務を抱えている場合もあれば、単なる小遣い欲しさでなる場合もある)
  2. Hへの好奇心や、自己顕示欲
  3. 綺麗になりたくて
  4. 風俗と違って、性病にかかる心配がないから
  5. 風俗デビューのキャリアアップ
  6. 芸能界に入りたいから(AV業界の明るいイメージ作りのため)

飯島愛に憧れ、一般のタレントになれるかもしれないという夢を抱いている者や、現役のタレントではあるが成功できずに再起を賭けている者が出演する事例が今もあるという。グラビアアイドルになり損ねた女性や、一部のお菓子系アイドルなどがAV女優に転身する事もある(この場合、未成年のうちに芸能人になる事で、成年後AVデビューをすんなり進ませようと考えている場合が非常に多い。)。

1に関しては、小遣い欲しさの短絡的なタイプだけでなく、彼氏に騙されて多額の借金を背負わされたり、或いは親の借金の肩代りをする様な女性も含まれる。彼女達は当然の事ながら、必死の思いで仕事をこなすが、前者はばれたくないという後ろめたさや、仕事を選ぶために多くが企画女優として活動している。

「企画女優」[編集]

上述の記事は、主に「単体女優」についてだが、この項では「企画女優」について詳述する。 企画女優になる人の特徴としては、以下の3つが挙げられる。

  1. スタイルは良いが、ルックスに難がある人
  2. AV出演を知人に知られたくない人
  3. アルバイト感覚での出演(1~3本程度の契約、月1回程度の出演など)

企画女優としての出演には、名前を隠す、顔と名前の両方を隠す、という2種類の出演方法がある。

知名度の高い単体女優(少数)に比べて、膨大な人数が企画女優として登録している。その中には、副業としての出演者も多くいる(OL主婦看護婦ファッションヘルスソープランドのサービス嬢など。最近では教員免許を持つ者や〈自称〉本物の教師が出演する事も増えて来ている。)。   企画は出演料が非常に安い。相場で10万円と言われていたが、現在は5万円も頻繁にあるらしい。反面、セールス数を問われる単体女優と違って引退の時期がない上、一般誌などで宣伝されない(パブNGなどと言う)のでAV出演を周囲に知られる可能性が低く、その気があれば出演を続けられると言われている。逆に、AV女優だけでは食べていけないので、副業を続けながらチャンスを待つAV女優も多い。

近年では企画女優が注目される様になったが、その背景としては、AV界にインディーズメーカーのブームが起きた事が挙げられる。インディーズメーカーとはビデ倫に加盟せず過激な内容の企画AVを制作するメーカーの事で、作品をレンタルビデオ店に置く事ができず、セルビデオが主体の場合が多い。つまり、インディーズ作品は出演しても周囲にバレる危険が低い。そのため、インディーズ作品には若くて容姿にも恵まれながら周囲にバレるのを恐れる女優が数多く出演する事になり、容姿では単体女優にも劣らない企画女優が多数生まれる事になったと見られる。

「キカタン女優」[編集]

企画女優の中でも単体女優並みに人気が出て、オファーが殺到し多数の作品に(全く無制限で)出演する場合がある。この様な女優をキカタン(企画単体女優の略)と呼ぶ。

「企画」と「キカタン」とではルックスに差があるが、「キカタン」と「単体」ならルックスに差はない。代表的なキカタン女優の例として、長瀬愛堤さやか笠木忍立花里子紅音ほたるなどがいる。

キカタン女優のギャラは、読んで字のごとく、企画と単体の中間の金額である。単体なら月に1本と制限されるし、企画なら出演料が安いため、最も稼げるのはこのキカタンだと言われている。

出演本数が多かった例(引退)

これら4名に共通するのは、2002年頃のAVブーム全盛期に活躍した点である。この代表的な4名の活躍によって(2002年か2003年頃に)キカタンと言う新たなジャンルが登場した。

AVブームが去った後の現在、2007年時点を標準的な尺度とすれば、

などが、本来の相場であろう。

「単体女優」[編集]

一般的に主演した場合の出演料は1作目が一番高く、それ以後は徐々に安くなっていくのが通例である。引退間際は受ける気をなくす程格安と言われている。徐々に安くなる活動を何か月維持できるかが単体の生命線と言える。一般的にデビュー3本契約が大抵であり、その3本目で引退する単体が大部分を占めている。

取り引き上の売値では2~3百万円と言われ、AVのセールス本数から逆算してもこの売値は近似値と思われる。もし折半で払われた場合なら女優の手取りは100万~最高150万と言う計算になるが、単体なら折半と言うケースなど滅多に聞かれない。相場で1/3が単体の取り分となっている。

自社に呼びたい事務所の広告によって誇大な金額ばかり噂で広がっているが、これ以上の金額はメーカーが(自社の利益をなしにしてまで)払うなど到底考えられない事である。有り得てわずかな可能性。例外的なセールス本数にそった歩合制(つまりロイヤリティー制度)も耳にはするが、メーカー側にそこまで面倒を強制する契約を結べる単体は蒼井そら以降で、AV業界に1人でも存在するのか定かではない。

単体が高額な理由は、その月内で契約メーカーの1本しか出演してはいけない「1か月の拘束料金」が乗せられているために過ぎない。素人女性が勘違いする「自分への価値判断」などではない。この単体の売値の大部分は所属するAV事務所に取られ、女優が手にするのはわずかという場合が多い。さらにスカウトで入社した場合ならAV事務所とスカウトマンの2か所に抜かれた後のごく僅かとなる。相場で1/3程度が単体の目安である。

因みに、企画女優の入社は応募入社とスカウト入社が半々と言われるが、スカウトマンは当然美形から狙うため、この単体やキカタンに関してはスカウト入社が8割以上を占めている。企画なら相場があるため、ギャラの予想は付くが、単体はその都度事務所が交渉を行っているため、単体女優はベテランであっても自分の売値を知らない。

キカタンの項目で分かる通り、企画系事務所は幅広いメーカーと付き合っているが、単体系事務所はごく限られた会社(多分10社前後)としか取り引きされていない(単体を単体価格で撮ってくれるメーカー自体が今は10社も存在していない)。

単体デビューのオーディションも同様で、メーカー全社を回る訳でなく、この7~8社を回れば大抵の事務所が合否の結論としている。

企画系の事務所が大所帯なのに対して、単体系は数人しか所属していないのが特徴である。社員も数名とか社長1人の会社なども珍しくない。また、1対1でマネージャーが単体を管理しているのが特徴である。

単体の撮影日数は大抵2日で、短い場合で1日で撮り終えたり、長い場合で3日間。   

一般芸能界との関連[編集]

AV女優は、一般のテレビ局が制作するドラマ番組などに出演依頼が来る事もあるが、そのほとんどは「裸体を見せる必要性」からサスペンスドラマにおける全裸死体の役や入浴シーンのエキストラ役、その他でも時代劇での脇役の遊女の役(同じ遊女や風俗嬢の役であっても物語の中心を担う役であれば通常の女優が充てられる)となっている。最近では深夜放送のドラマやバラエティー番組に有名AV女優がレギュラーやゲストで出演する事も珍しくはなくなって来ており、芸能界へ芸能人としてステップアップした例は飯島愛及川奈央などで増え続けている。特にテレビよりVシネマに共通の傾向で「SMもレイプもOKだが、Vシネマの出演だけはNG」と言うAV女優は多い。しかし、そういった芸能女優が嫌がる役も積極的にこなす点でテレビ業界にとっては貴重な存在である。

また、テレビ番組関連媒体の出演者プロフィールにも職歴を「AV女優」ではなく「モデル」「セクシータレント」などと記載される事が多い。AV女優である事を本人が隠したい場合もあると思われるが、元AV女優又は現役AV女優である事を公言している者もその様に表記される事も多く、番組制作サイドがイメージダウンを避けて表記している可能性が高いと思われる。

以下に芸能人のAV女優への転向及びAV女優の芸能挑戦の例を示す。AV女優の芸能としてのチャレンジの例や芸能人のAV参入の例など「少しグラビアの仕事をした事がある」程度の人間まで含めると膨大な人数となるため、本項では希志あいのなど転身が特に話題になった者以外はAV以前の活動期間が2年未満のものは除く(カッコ内はAVデビュー時期)。一方で、元々AV女優になる前提で最初だけグラビアアイドルや芸能もどきの活動を行い、知名度を得たところでAV女優に転身するという「芸能カラー」を漂わせた(つまりハク付けの)ケースも多く、実態をよくよく見極めれば『本物の芸能人のAV転向』は極めて少ない。

元スポーツ選手・元一般芸能人
一般芸能界への進出

最近では及川奈央夏目ナナ蒼井そら小澤マリア長澤つぐみらが一般芸能界に進出又は掛け持ちを行っている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]