福知山弁とその方の気性

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

京都府の福知山弁とその方の気性[編集]

  • 福知山弁は「し取る」と、その否定形に「し取ん(怒)」があって、前発言はあなた「我」がする「し」、僕「我」がそれをする「取る」であるのに対し、後発言は、あなたがする「し」、僕がそれをしない「取ん(取ら無い)(怒)」でいる。僕が見てきた福知山人はこう言う。「何、し取ん!(怒)」は前述の通りで、福知山人の独特の方言であり、地方語で意味になって無い。「し取る」は、一つの動詞に主語「僕」が二つあるので「僕僕」になり日本語の「僕」を中国語に翻訳すると「我」になり「我我」になる。これは見てわかるようにフロイトやユングが主張する「自我」でない。つまり、お互いに目を見ずにする、マネのし合いである。笑顔で「言う取る」で「し取る」ばかりで「し取ん(怒)」はしない。(自我)の人に「自分が気持ちええで(怒)」としばしば聞くことは「自」が小さく「目」が小さいため視界から分かりづらいのか、他人を「し取る」で思い通りに動かして、これから先に見るところに、ものが置いてある方がしやすいからか、目線は合うと小さい自につながってある僕(我)が主我になり片方の君(我)を押しつぶしているので恐らく福知山人は傷ついている。また「し取ん」もすれば突然、怒り出す。それは片方の我は欠落するからなので、それはしてはいけない。鼻が大きい人を見るだけで「自」は「し」それに「大」を「取って」「臭」いになり、単なる「し取って」癖であり意味でない。公の場で「鼻の臭い奴(怒)」と他人へ向かって怒りながら、心に傷を与えることができる福知山人の人々が少なからずいる。

僕や私から中国語の我にした訳[編集]

  • 漢字は中国から5世紀頃に日本に伝来して794年からの平安時代に、その漢字から、ひらがなやカタカナに文化したので現在、日本で使われてある主語の「私」や「僕」と中国語の主語の「我」にはつながりがあると考え、我にも僕や私の「ひとへんとのぎへん」があり、自我の語源もヨーロッパ発祥のフロイトやユングに主張されたことなので、それは不自然でないからである。

自我と我我について[編集]

  • 中国語で「我」と書かれる日本語でいう「僕」「私」と「自」。後の漢字には「目」があるので、「目」を見るのは他人でその二つで「自-我」(君を見て-僕がする)である。
  • 「我-我」(君-僕)は自は小さいので目を合わせてはダメ。例えば(歩い-取る)

言動の心に対するコントロールについて[編集]

  • 「し取る」―つまり「君はそうするとコントロールできるから満足している」ということである。自ら気づいて動くと、コントロールできないから、福知山人の少年期は不満を感じて怒るんだと思う。それが成人に達した、福知山人の行動をもコントロールにつながる、マインドコントロールをしたい欲求につながっているのか?とも思ってしまうので、僕のある言動の心が福知山人に傷感や好感を与えられて、日常的に僕は傷を沢山感じた言動を現にしたくなくなっている。

心的傷感[編集]

  • 恐らく、以上述べた福知山人の、我-我(君-僕)の気性から、君の言動から我を「分かっ取る」だけで後に、僕が君へ向かって傷つけるような発音混じりの発言をするだけで、カッターナイフで心臓を切られるような傷を与える瞬間に気付けれるのと心臓をつらぬくような傷も与えれる。心的好感も、そうできる心理学的手法は僕にわからないけど確立されてあるはずで、だから日常的にそれを感じている。

本能寺の変「マインドコントロール発祥」[編集]

  • 天正10年(1582年)6月2日の本能寺の変で織田信長が明智光秀の謀反で自害に追い込められた説が色々あり、戦国時代から日本史上初天下を10日間だけ取った最高権力者でいる三日天下の明智は、どのようにして織田を自害においやったのか言動調査が行われ、福知山人に取ってそれらの手法は先祖代々受け継がれていくべきものであるから現在にも、行われている。僕が体験した上述の観点から過去あった本能寺の変への真相に迫ることができる。明智の思い通りに動かす、織田に対する行動操作(自害)や情をも思い通りに動かす(激怒)ことが成功した事例があって例えば、織田が「バカもん、このキンカン頭が!(激怒)」と光秀に向かって光の下と秀の上の部分を取って組み合わせて禿げである(多分、これが現在の鼻が大きい人に向かって「鼻の臭い奴(怒)」になっている)、キンカン頭が有名な織田の怒りであった事や、度々織田は激怒してたらしく、恐らく明智の思うつぼにはまっていた。さらに約4世紀の間に、マインドコントロールの研究が発祥の福知山社会の背後で行われていたはずだろう。