川畑秀雄

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

川畑 秀雄(かわばた ひでお)は、日本の実業家、作家である。株式会社ドクターズ・ファーマの代表取締役会長、感謝株式会社の代表取締役社長。水素サプリメント開発の第一人者と言われる。

略歴[編集]

1969年神奈川県横浜市生まれ。極貧の家庭に育ち幼少の頃から父親に虐待を受け、熱湯をかけられたことから火傷の痕が今でも残っていることを自書「億万長者脳の作り方」で語っている。小学生で母親の新聞配達などを手伝う傍ら、近所の山でカブトムシ、クワガタを大量に捕る方法を見つけ自分が住んでいた町以外の隣町のペットショップにまでも昆虫を卸売りして家計を助けていた。数々のアルバイトを経験し18歳で500万円の貯金を貯めそれを元手に最初の起業をする。

起業[編集]

18歳 店舗シャッターの広告フィルムラッピング業。おもしろいように契約が取れたが元々は飲食業をやりたかったために会社は従業員に任せ、自分は修行のためにとんかつ屋のチェーン店でアルバイトをする。瞬く間にアルバイトマネージャーまで昇格し全国チェーン店で売上1位の店舗にする。

実母の死後、モスバーガーのフランチャイズ店舗を経営する会社に入社。売上不振店舗を当時全国1500店舗の中で構成比、前年比で1位の店舗にする。 その後、同じくモスバーガーのフランチャイズ店舗を複数経営する知人から、一番業績が不振のお店を買取りオーナーとなる。月額190万円の店舗売上を半年で352%アップの670万円を達成する。ここから川畑の噂がモスバーガー経営者、ファーストフード業界に広まり始める。

25歳で年商100億円企業の会長にスカウトされ雇われ社長を5年務める。 その間も数々のFC店に加盟し常に全国1位になる。

30歳 この雇われ社長時代にプライベートで先物取引に自己資金をすべて失った上に2億円の借金を背負うことになる。これがきっかけとなり社長解任。

34歳 宅配業などで生活費を稼ぎIT企業へ参入。翌年社員5名で年商8億円を記録する。

上場企業の会長にスカウトされサプリメント事業に参入。1年で年商30億円企業に急成長させる。

その後自社開発の水素サプリメントを開発し現在に至る。

水素 支持者[編集]

<著名人>

<プロアスリート>

  • 小國以載(プロボクサー 第37代日本スーパーバンタム級王者)
  • 飛天かずひこ(プロボクサー 大29代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者)
  • 大山峻護(元パンクラス、PRIDE、K-1)
  • 有木健人(元棒高跳び2008年北京オリンピック強化指定選手)

著作[編集]

  • 「億万長者脳の作り方」コスモトゥーワン (2011/11/11)

川畑秀雄 掲載著書

  • 「ありがとう、お母さん」祥伝社 (2013/2/2)
  • 「7人の大逆転人生」 アチーブメント出版 (2006/12/20)

Video[編集]

外部リンク[編集]


ウィキペディア無し small.png
ウィキペディアにも「川畑秀雄」の項目が執筆されていましたが、削除されてしまいました