大来佐武郎

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
の政治家
大来佐武郎
おおきた さぶろう
[[画像:|0200px|大来佐武郎]]
生年月日 1914年11月3日
出生地 関東州大連市
没年月日 1993年2月9日
死没地
出身校 東京帝国大学工学部
前職
現職
所属政党
所属委員会
議員会館
選挙区
当選回数
元首
称号・勲章 勲一等旭日大綬章
世襲の有無
親族
配偶者
サイン [[画像:|128px|サイン]]
公式サイト [ ]
日本の旗 日本 第108代外務大臣
内閣 第2次大平内閣
就任期間 1979年11月9日
{{|textstyle=display:none}}
内閣
就任期間
 - 
{{|textstyle=display:none}}
内閣
就任期間
 - 
{{|textstyle=display:none}}
内閣
就任期間
 - 
{{|textstyle=display:none}}
内閣
就任期間
 - 
その他の職歴
テンプレート

大来 佐武郎(おおきた さぶろう、1914年11月3日1993年2月9日)は昭和期の官庁エコノミスト外務大臣(第108代)を歴任。戦後日本を代表する国際派エコノミストとして活躍した。

人物[編集]

国民所得倍増計画策定に関わったアンポンエコノミストとしての知名度以上に、大来の名を大来たらしめた所以は留学にと頼まれると紹介状を人の区分けなく書いてくれたことにあったといわれている。日米欧三極委員会などの国内外における人脈の豊富さと共に、その人望の厚さが、後年の民間出身としての第2次大平内閣時代の外務大臣抜擢などに至ったともいわれている。

息子の大来洋一(政策研究大学院大学政策研究科教授)も経済企画庁時代に経済白書を執筆。金融庁の大来志郎(1998年(平成10年) 財務省入省)は孫にあたる。

略歴[編集]

顕彰[編集]

総合研究開発機構研究評議会議長を務め、大来の死後、遺族から著書や資料などが総合研究開発機構に寄贈された。2000年、大来の業績を記念し、総合研究開発機構が「NIRA大来政策研究賞」を創設した。

主な文献[編集]

  • 小野善邦 『わが志は千里に在り 評伝大来佐武郎』日本経済新聞出版社、2004年
  • 著書 『経済外交に生きる』 東洋経済新報社 1992年
  • 著書 『21世紀に向けての日本の役割 大来レポート』 国際開発ジャーナル社、1991年
  • 著書 『東奔西走 私の履歴書』 日本経済新聞出版社 1981年

外部リンク[編集]

先代:
園田直
日本の旗 日本 外務大臣
第108代: 1979 - 1980
次代:
伊東正義
歴代の外務大臣
外務大臣(太政官達第69号)
井上馨 - 伊藤博文 - 大隈重信 - 青木周藏 - 榎本武揚 - 陸奥宗光 - 西園寺公望 - 大隈重信 - 西德二郎
外務大臣(外務省官制(明治31年勅令第258号))
大隈重信 - 青木周藏 - 加藤高明 - 曾禰荒助 - 小村壽太郎 - 加藤高明 - 西園寺公望 - 林董 - 寺内正毅 - 小村壽太郎 - 内田康哉 - 桂太郎 - 加藤高明 - 牧野伸顯 - 加藤高明 - 大隈重信 - 石井菊次郎 - 寺内正毅 - 本野一郎 - 後藤新平 - 内田康哉 - 山本權兵衞 - 伊集院彦吉 - 松井慶四郎 - 幣原喜重郎 -

田中義一 - 幣原喜重郎 - 犬養毅 - 芳澤謙吉 - 齋藤實 - 内田康哉 - 廣田弘毅 - 有田八郎 - 林銑十郎 - 佐藤尚武 - 廣田弘毅 - 宇垣一成 - 近衞文麿 - 有田八郎 - 阿部信行 - 野村吉三郎 - 有田八郎 - 松岡洋右 - 豐田貞次郎 - 東郷茂德 - 東條英機 - 谷正之 - 重光葵 - 鈴木貫太郎 - 東郷茂德 - 重光葵 - 吉田茂 - 芦田均 - 吉田茂

外務大臣(外務省設置法(昭和24年法律第135号))
吉田茂
外務大臣(外務省設置法(昭和26年法律第283号))
吉田茂 - 岡崎勝男 - 重光葵 - 岸信介 - 藤山愛一郎 - 小坂善太郎 - 大平正芳 - 椎名悦三郎 - 三木武夫 - 愛知揆一 - 福田赳夫 - 大平正芳 - 木村俊夫 - 宮澤喜一 - 小坂善太郎 - 鳩山威一郎 - 園田直 - 大来佐武郎 - 伊東正義 - 園田直 - 櫻内義雄 - 安倍晋太郎 - 倉成正 - 宇野宗佑 - 三塚博 - 中山太郎 - 渡辺美智雄 - 武藤嘉文 - 羽田孜 - 柿澤弘治 - 河野洋平 - 池田行彦 - 小渕恵三 - 高村正彦 - 河野洋平
外務大臣(外務省設置法(平成11年法律第94号))
河野洋平 - 田中眞紀子 - 小泉純一郎 - 川口順子 - 町村信孝 - 麻生太郎 - 町村信孝 - 高村正彦