デビッド・ヘイ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「デビッド・ヘイ」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「デビッド・ヘイ (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

デビッド・ヘイ
デビッド・ヘイ2.jpg
2006年7月21日、EBU欧州クルーザー級タイトルの防衛戦にて
基礎データ
本名 David Deron Haye
通称 Hayemaker
階級 クルーザー級
ヘビー級
身長
リーチ
国籍 イギリスの旗 イギリスイングランドの旗 イングランド
生年月日 1980年10月13日
出生地 イングランドロンドン
没年月日
死没地
所属
構え オーソドックス
入場曲
アマチュアボクシング戦績
総試合数
KO・RSC勝
無効試合
獲得メダル
オリンピック 0 0 0
世界選手権 0 1 0
ヨーロッパ選手権 0 0 0
アジア選手権 0 0 0
世界ユース選手権 0 0 0
世界ジュニア選手権 0 0 0
世界女子選手権 0 0 0
0 0 0
獲得タイトル
全日本選手権優勝 0
全日本社会人選手権優勝 0
全日本女子選手権優勝 0
全国高校総体優勝 0
全国高校選抜優勝 0
国民体育大会優勝 0
0
0
0
プロボクシング戦績
総試合数 25
24
KO勝 22
1
無効試合
テンプレートを表示

デビッド・ヘイ(David Haye、1980年10月13日生まれ)は、イギリス、イングランドのプロボクサー。元WBC・WBA・WBO3団体統一世界クルーザー級、現WBA世界ヘビー級チャンピオン。スピード、パワーを兼ね備えたオールラウンダー。Hayemaker(ヘイメーカー)の異名は「強烈な一撃で相手をhay(干し草)のベッドに眠らせる」といった意味を持つ。ヘビー級転向後はマイク・タイソン以来のキャラクターを持つ選手として期待され、ビッグマウスでも知られる。モデル活動もしている。

早くからアマチュアボクシングのライトヘビー級イギリス代表として活躍し、2001年にはベルファスト開催の世界選手権で銀メダルを獲得した。イギリス代表として初めてのライトヘビー級決勝進出であった[1]

2002年12月8日のプロデビュー後は10連続KO勝利し、2004年9月10日にIBO世界クルーザー級タイトルに挑戦したが、5回TKOで初黒星を喫した。しかし、2005年12月16日に1回0分45秒でKO勝利し、EBU欧州クルーザー級タイトルを獲得。同タイトルは3度防衛した。

2007年11月10日にフランスジャン=マルク・モルメクの持つWBA・WBC統一世界クルーザー級タイトルに挑戦し、4回にダウンを奪われるが7回逆転TKOで勝利してタイトルを獲得した[2]

2008年3月8日、WBO世界クルーザー級チャンピオンのエンゾ・マカリネリと3団体タイトルを懸けて対戦。2回2分04秒TKO勝ちによりWBA・WBCタイトルを防衛するとともにWBOタイトルを獲得し、3団体統一チャンピオンとなった。その後、ヘビー級転向のためタイトルを返上し、同年11月15日、ヘビー級転向初戦に5回TKO勝ちを収めた。翌2009年6月20日、IBF・WBO世界ヘビー級チャンピオンウラジミール・クリチコに挑戦する予定であったが、ヘイが拳を負傷したため試合はキャンセルとなった[3]

2009年11月7日、ニコライ・ワルーエフの持つWBA世界ヘビー級タイトルに挑戦。2-0の判定勝利でこれを獲得し、2階級制覇を達成した[4]。2010年4月3日、ジョン・ルイスを迎えての指名試合では4度のダウンを奪い、9回タオル投入によるTKO勝ちで初防衛に成功した[5]

脚注[編集]

  1. MySpace.com David. D. Haye
  2. 英国のヘイ、クルーザー級2冠奪取 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年11月14日
  3. ヘビー級 クリチコ-ヘイ戦もキャンセル ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月4日
  4. ヘイ、巨人チャンピオンを攻略 WBAヘビー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年11月10日
  5. ヘイ、ルイスを4度倒す WBA世界ヘビー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前チャンピオン
ジャン=マルク・モルメク
WBA世界クルーザー級ユニファイドチャンピオン

2007年11月10日 – 2008年7月(返上)

空位
次タイトルホルダー
N/A
前チャンピオン
ジャン=マルク・モルメク
第18代WBC世界クルーザー級チャンピオン

2007年11月10日 – 2008年5月12日(返上)

空位
次タイトルホルダー
ジャコーベ・フラゴメーニ
前チャンピオン
エンゾ・マカリネリ
第11代WBO世界クルーザー級チャンピオン

2008年3月8日 – 2008年7月22日(返上)

空位
次タイトルホルダー
ビクトル・ラミレス
前王者
ニコライ・ワルーエフ
第60代WBA世界ヘビー級王者

2009年11月7日 – 現在

次王者
N/A
Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・デビッド・ヘイを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。