ザブ・ジュダー

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「ザブ・ジュダー」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「ザブ・ジュダー (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

ザブ・ジュダー
ジュダー.jpg
2010年頃
基礎データ
本名 Zabdiel Judah
通称 Super
階級 ジュニアウェルター級
ウェルター級
身長
リーチ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1977年10月27日
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク市
没年月日
死没地
所属
構え サウスポー
入場曲
アマチュアボクシング戦績
総試合数 115
110
KO・RSC勝
5
無効試合
獲得メダル
オリンピック 0 0 0
世界選手権 0 0 0
ヨーロッパ選手権 0 0 0
アジア選手権 0 0 0
世界ユース選手権 0 0 0
世界ジュニア選手権 0 0 0
世界女子選手権 0 0 0
0 0 0
獲得タイトル
全日本選手権優勝 0
全日本社会人選手権優勝 0
全日本女子選手権優勝 0
全国高校総体優勝 0
全国高校選抜優勝 0
国民体育大会優勝 0
0
0
0
プロボクシング戦績
総試合数 49
41
KO勝 28
6
無効試合 2
テンプレートを表示

ザブ・ジュダー(Zab Judah、1977年10月27日生まれ)は、アメリカ合衆国のプロボクサー。本名はザブディエル・ジュダー。ニューヨーク州ニューヨーク市出身。現IBF ジュニアウェルター級チャンピオン(同団体同階級で2度目)。元WBA・WBC・IBF統一世界ウェルター級、IBF世界ジュニアウェルター級、WBO世界ジュニアウェルター級チャンピオン。抜群の反応とハンドスピードが武器のオールラウンダー。「スーパー」の異名を持つ。鋭い左ストレートに加え、左アッパー・右フックなどのカウンターも得意とする。

1977年に、マイク・タイソンの出生地でもあるブルックリン区で生まれ、父親のヨエル・ジュダーの手ほどきでボクシングを始めた。アマチュア時代の戦績は115戦110勝5敗。

1996年9月20日に18歳でプロデビュー。勝利を重ね1998年6月7日にUSBA全米ジュニアウェルター級暫定タイトルを獲得した。1999年1月16日にはIBF世界ジュニアウェルター級暫定タイトルを獲得し、2000年2月12日のヤン・ベルグマンとの王座決定戦で正規王座に即いた。

2001年11月3日に当時WBA・WBCチャンピオンのコンスタンチン・チューと王座統一戦を行うが2回TKOで敗れ、試合後にレフェリーのジェイ・ネイディに掴みかかり、リングを降りる際にはイスを投げつけた。このことでネバダ州アスレチック・コミッションから罰金75,000ドルと6か月のライセンス停止処分を受けた。

2003年7月12日にデマーカス・コーリーを判定で破り、WBO世界ジュニアウェルター級タイトルの奪取に成功した。同タイトルを1度防衛した後、階級を上げるために返上した。

ウェルター級に階級を上げ、2004年4月10日にWBA・WBC・IBF統一チャンピオンのコーリー・スピンクスに挑戦するが、12回判定で敗れる。しかし、同年5月15日にラファエル・ピネダを破って空位のWBOインターコンチネンタルタイトルを獲得し、2005年2月5日にコーリー・スピンクスに再戦を挑み、9回TKOで勝利し、WBA・WBC・IBFの3団体統一世界ウェルター級タイトルを獲得した。

2006年1月7日にWBA・WBC・IBFタイトルを懸けてアルゼンチンカルロス・バルドミールと防衛戦を行ったが、判定負けを喫した。ところが、勝ったバルドミールが試合後にWBC以外にはタイトル承認料の支払いを拒否したため、この試合はWBCのみのタイトルマッチということになった。ウェルター級のリミット内での敗戦のためWBAタイトルは剥奪されたが、IBFタイトルはジュダーの手元に残った。

2006年4月8日にそのIBFタイトルを懸けてフロイド・メイウェザー・ジュニアと対戦したが、これも判定負けを喫してタイトルを失った。この試合では2回にメイウェザーのグローブをリングにつかせたが、レフェリーはダウンを取らなかった。10回にはローブローで体勢を崩したメイウェザーに後頭部への反則打、ラビットパンチを打ち、メイウェザーの叔父でチーフセコンドを務めていたロジャー・メイウェザーがリングに入りセコンドと乱闘になった。乱闘は関係者と警備員に止められ、5分後に試合が再開された。

2007年6月9日にはミゲール・コットの持つWBA世界ウェルター級タイトルに挑戦。1回、3回と攻勢をとる度にコットのローブローを受けてジュダーの攻撃は寸断され、結果は11回TKOで敗れてタイトル奪取はならなかった。2008年8月2日、IBF世界ウェルター級王座決定戦でジョシュア・クロッティと対戦。9回負傷判定負けを喫し、タイトル奪還に失敗した。

2010年7月16日にはホセ・アルマンド・サンタクルスを3回TKOで破って再起3連勝とし、11月6日にはプルデンシャル・センターで行われたNABO北米ジュニアウェルター級タイトルマッチを兼ねたIBFおよびWBOの世界同級挑戦者決定戦でルーカス・マティセ(アルゼンチン)と対戦。10回にはダウンを喫しながら2-1の僅差スプリットで判定勝ちを収めた[1]。そしてパーネル・ウィテカーとトレーニングを積んだジュダーは[2]、2011年3月4日にはダウンをとられながら空位のIBFタイトルを奪取した[3]


参考資料[編集]

  1. [ttp://www.daily.co.jp/newsflash/2010/11/08/0003592254.shtml ジュダーが27戦無敗のマティセに判定勝ち] デイリースポーツ 2010年11月8日
  2. DAVE SKRETTA [ttp://nbcsports.msnbc.com/id/41912234/ns/sports/ Judah leaning on Whitaker for title fight] NBC Sports 2011年3月4日
  3. AFP [ttp://www.vancouversun.com/life/Judah+stops+Mabuza+claim+crown/4391062/story.html Judah stops Mabuza to claim IBF crown] The Vancouver Sun 2011年3月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
テレン・ミレット
第16代IBF世界ジュニアウェルター級王者

1999年1月16日 – 2001年11月3日

次王者
コンスタンチン・チュー
前チャンピオン
デマーカス・コーリー
第12代WBO世界ジュニアウェルター級チャンピオン

2003年7月12日 – 2004年(返上)

空位
次タイトルホルダー
ミゲール・コット
前チャンピオン
コーリー・スピンクス
WBA世界ウェルター級スーパーチャンピオン

2005年2月5日 – 2006年1月7日(剥奪)

空位
次タイトルホルダー
N/A
前王者
コーリー・スピンクス
第25代WBC世界ウェルター級王者

2005年2月5日 – 2006年1月7日

次王者
カルロス・バルドミール
前王者
コーリー・スピンクス
第9代IBF世界ウェルター級王者

2005年2月5日 – 2006年4月8日

次王者
フロイド・メイウェザー・ジュニア
前王者
デボン・アレクサンダー
第24代IBF世界ジュニアウェルター級王者

2011年3月4日 – 現在

次王者
N/A
Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・ザブ・ジュダーを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。