現在、先日の大規模な荒らしに伴い、新規利用者およびIPユーザーによる標準記事への投稿を一時的に停止しております。

まことに恐れ入りますが、ご協力お願い申し上げます。

「学校制服」の版間の差分

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
(イスラエル)
21行目: 21行目:
 
=== イスラエル ===
 
=== イスラエル ===
 
教育大臣[[リモール・リブナット]]により、約1400のイスラエル国立学校では生徒は制服着用が求められるようになった。
 
教育大臣[[リモール・リブナット]]により、約1400のイスラエル国立学校では生徒は制服着用が求められるようになった。
 +
 +
=== インド ===
 +
[[インド]]では制服は初等学校から高等学校まで一般的である。男子は多くは明るい色のシャツとダークの長ズボンである。女子は多くはシャツとスカートである。いくつかの学校では女子に[[サルワール・カミーズ]]を規定している。いくつかの学校では生徒はネクタイを着用する必要があり、特にキリスト教系ミッション校に多い。
 +
 +
政治的な決定で、インド政府は子供のsportingな宗教シンボルを禁止することはない。一部の[[イスラム教徒]]女子はベールを、多くの[[シーク教]]徒男子はターバンを制服に合わせて着用している。公立私立を問わず多くの学校では男子生徒の長髪や髪染めを禁止している。
 +
 +
=== イングランド ===
 +
{{Main|イングランドの学校制服}}
 +
 +
=== ウェールズ ===
 +
英国[[ウェールズ]]では、[[ウェールズ議会政府]]が制服と外観ポリシーを定めたガイドラインを発行している。
 +
 +
=== オーストラリア ===
 +
[[オーストラリア]]の学校制服は一般的に英国モデルを継承している。
 +
 +
ほとんどすべての公立・私立学校と、全てのカトリック学校、全てのオーストラリア州では、義務的な制服ポリシーが存在する。ルールの程度は学校のシステムによりけりである。制服と外見は一般的に私立学校とカトリック学校で厳しく、公的学校では緩い。
 +
 +
男子の場合、制服は一般的にボタンアップの白シャツかポロシャツ、短ズボン(特に夏服)または長ズボンであり、多くはグレーである。短ズボンは暖かい時期であり、スクールカラーの足首まで長い靴下も求められる。ネクタイは一般的に私立学校の男女に規定されている。ブレザーはカトリック学校と私立学校で一般的である。女子の制服は、チェックやストライプのドレスが夏季や中等学校で一般的であり、冬季はボタンアップやポロシャツとスカートである。体育教育やスポーツのために別の制服が存在することが多く、それはショーツとシャツで構成される。女子のためにスプレージャケットやネットボールスカートが存在する。初等教育の最終学年には、最終学年であることを示す独自のパーカーやジャンパーが存在する事が多い。また、中等教育の最終段階でも、それを区別するために独自の制服を持つことが一般的になりつつある。
 +
 +
=== ガーナ ===
 +
[[ガーナ]]では、すべての生徒が学校制服を着用する必要がある。
 +
 +
=== カナダ ===
 +
公立学校はほぼ全校が私服であるが、一部の私立学校では制服が採用されている。同じ法人が運営する学校であっても、年齢層により制服が異なる場合がある。たとえばEcole Notre Dame des Victoiresで採用されている制服は、2年生以下の男女はセーラー服(男子は半ズボン、女子はスカート)、3年生以上の男子はポロシャツとスラックス、3年生以上の女子はセーラー服にスカートである。
  
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==

2019年12月13日 (金) 10:38時点における版

学校制服(がっこうせいふく、school uniform)とは、主に学校機関で用いられる制服、標準化された服飾セットである。 多くの国では、初等学校中等学校で普及している(以下リストを参照)。制服はその学校のドレスコードの基礎となっている。

男子制服はダークのズボンと明るい色のシャツ、時折ネクタイを採用する傾向がある。女子制服は国や学校制度によって非常に多様であるが、典型的にはドレスまたはブラウスと、スカートまたはキュロットまたはジャンパースカートを採用する傾向がある。いくつかの国は女子にズボンを認めている。ブレザーやスーツに似たジャケットは男女とも一般的で、とりわけ気候の寒い国に多い。

いくつかの国はすべての学校に共通の標準制服制度を持っているが、他の国では学校ごとに個別の制服を持っており、色やバッジで違いを出している。

各国の学校制服

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国ではほとんどすべての学校が何かしらドレスコードを制定している。生徒の服飾について、どの色や種類の服を着用できるか、どの種の服飾アクセサリーが許されるかなどの規制が存在する。米国の制服は典型的にはインフォーマル (smart casual) であり、英国やラテンアメリカのような厳密なドレスコードではない。

採用例は少ないが、女子制服として日本と同様のセーラー服が採用されている例もある。

1996年にクリントン大統領が一般教書演説で制服導入の必要性を大きく打ち出したことで、都市部の学校の41%が制服を導入した。

アルゼンチン

アルゼンチンの公立学校では、白のスモックが最も普及した学校制服である。これはアルゼンチンが19世紀末から20世紀初頭までイタリア移民の主要な渡航先であったため、イタリアの影響を受けたためだと思われる。幾つかの19世紀末のヨーロッパの国、特にフランスやイタリアなどはスモックを学校制服として定めていた。それは、貧しい子供たちがその貧しい衣服によって傷つかないよう、違いをカバーする方法であったと思われる。

公立学校ではの生徒は公式な制服を要求されず、生徒はスモックの下に任意の服を着用することができる。しかし多くの私立学校では公式な制服を定めており、それらのほとんどは英国風の制服を採用している。

イスラエル

教育大臣リモール・リブナットにより、約1400のイスラエル国立学校では生徒は制服着用が求められるようになった。

インド

インドでは制服は初等学校から高等学校まで一般的である。男子は多くは明るい色のシャツとダークの長ズボンである。女子は多くはシャツとスカートである。いくつかの学校では女子にサルワール・カミーズを規定している。いくつかの学校では生徒はネクタイを着用する必要があり、特にキリスト教系ミッション校に多い。

政治的な決定で、インド政府は子供のsportingな宗教シンボルを禁止することはない。一部のイスラム教徒女子はベールを、多くのシーク教徒男子はターバンを制服に合わせて着用している。公立私立を問わず多くの学校では男子生徒の長髪や髪染めを禁止している。

イングランド

詳細は イングランドの学校制服 を参照

ウェールズ

英国ウェールズでは、ウェールズ議会政府が制服と外観ポリシーを定めたガイドラインを発行している。

オーストラリア

オーストラリアの学校制服は一般的に英国モデルを継承している。

ほとんどすべての公立・私立学校と、全てのカトリック学校、全てのオーストラリア州では、義務的な制服ポリシーが存在する。ルールの程度は学校のシステムによりけりである。制服と外見は一般的に私立学校とカトリック学校で厳しく、公的学校では緩い。

男子の場合、制服は一般的にボタンアップの白シャツかポロシャツ、短ズボン(特に夏服)または長ズボンであり、多くはグレーである。短ズボンは暖かい時期であり、スクールカラーの足首まで長い靴下も求められる。ネクタイは一般的に私立学校の男女に規定されている。ブレザーはカトリック学校と私立学校で一般的である。女子の制服は、チェックやストライプのドレスが夏季や中等学校で一般的であり、冬季はボタンアップやポロシャツとスカートである。体育教育やスポーツのために別の制服が存在することが多く、それはショーツとシャツで構成される。女子のためにスプレージャケットやネットボールスカートが存在する。初等教育の最終学年には、最終学年であることを示す独自のパーカーやジャンパーが存在する事が多い。また、中等教育の最終段階でも、それを区別するために独自の制服を持つことが一般的になりつつある。

ガーナ

ガーナでは、すべての生徒が学校制服を着用する必要がある。

カナダ

公立学校はほぼ全校が私服であるが、一部の私立学校では制服が採用されている。同じ法人が運営する学校であっても、年齢層により制服が異なる場合がある。たとえばEcole Notre Dame des Victoiresで採用されている制服は、2年生以下の男女はセーラー服(男子は半ズボン、女子はスカート)、3年生以上の男子はポロシャツとスラックス、3年生以上の女子はセーラー服にスカートである。

脚注

参考文献